日本フリースケート振興会

ホーム » 乗り方講座/ランプ/初級編

乗り方講座/ランプ/初級編

乗り方講座・初級編/ランプの基礎~滑走練習まで

日本フリースケート振興会Japan Free Skate Networkが初めてランプに入るユーザーのために集めた乗り方講座(動画)のページです。パークインストラクターと初心者が検討して、どうすれば効率よく練習ができるかを考慮して動画にまとめています。ご参考にどうぞ。一人で練習されていて、どうしてもわからないことに遭遇したら遠慮なく当会にご質問をお寄せ下さい。パーク練習は転倒、失敗の連続です。手順を踏めば決して怖いものではありません。楽しみましょう!

この初級編を完全マスターできた時は当会のランプ[Rampage]進級試験1級~4級にチャレンジしてみましょう。

■Part(パート)1  滑る前に転び方を覚えよう

平地でも本来はプロテクター、ヘルメットを着用していることが望ましいです。動画はプロライダーによる滑走見本です。

動画説明「転び方を学ぼう」

Youtubeへ

■Part(パート)2  ランプに慣れる

ランプを右、左に滑走してみよう。ランプ練習はフリースケートで平地自走ができなくても楽しむことができます。平地である程度自走できるようになると左足前(レギュラースタンス)の方は右足前(グーフィースタンス)が苦手になりがちです。その逆も同じですので、慣れてしまう前に両方向に滑れるようになるランプ練習は、平地の技をスピードアップしてうまくなるのに最適な練習方法と言えます。

動画説明「ランプに慣れる」

Youtubeへ

■Part(パート)3  ターンしてみよう

さらにRに慣れるためにはターンを覚えましょう。Part2でも行ったように介助してもらうことで最初はスタートしましょう。やり始めはどうしてもターンの弧が大きいですが、介助なしに練習を積んで行けばRのターン頂点でクイックに切り返すことが可能になります。

動画説明「ターンしてみよう」

Youtubeへ

■Part(パート)4  加速するためのパンピングの練習

 ランプでの漕ぐ動作であるパンピングを覚える。ランプの平坦部分でのスタート時は平地同様漕ぐ動作はクロス走法ですが、ランプに慣れてドロップイン(ランプの高い部分の平坦部分から滑り降りる)ができるようになればパンピング動作をすることでどんどん加速することができます。

動画説明「パンピングの練習」

Youtubeへ

協力:チーム64


乗り方講座/ランプ/初級編 2011年9月発表

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。