日本フリースケート振興会

ホーム » 「freeskates」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: freeskates

因島(チーム零)進級試験2020/12/31

ライダー ミイナ
■C級

https://www.youtube.com/watch?v=FhKDkTwq_tc

因島(チーム零)進級試験2020/12/13

ライダー ミイナ
■10級

https://www.youtube.com/watch?v=l5OEMMEXZAo

近畿地区フリスケ兵庫進級試験

ライダー ケン
■9級
https://www.youtube.com/watch?v=yeTzez0kQMs

因島(チーム零)進級試験2020/11/29

ライダー ミイナ
■9級

https://www.youtube.com/watch?v=wrhnQl3I2p0

ライダー レン
■9級

https://www.youtube.com/watch?v=XabFsxm-1P8

ライダー サリナ
■B級
https://www.youtube.com/watch?v=7eZ6KxPiFLg

ライダー レンカ
■B級
https://www.youtube.com/watch?v=8s3iDv9Sf90

■A級
https://www.youtube.com/watch?v=xSuN3ehnG9k

フリースケート検定by JMKRIDE公式

 当会、日本フリースケート振興会では2008年6月(当時は日本フリーラインスケート振興会)に進級試験という名称でスキルアップを図ると共に、チャレンジし続けることでいつまでも飽きないようにという願いを込めて、世間でいうところのバッチテストを考案し、現在まで多くの方にチャレンジして頂いてきました。
 もちろん今後も進級試験は有効ですが、当時と違って現在は先人の動画も数多く発表されていて、初心者の時期も短くなり振興会の進級試験だけでは物足りない思いがありました。現在、振興会ではフリースケートダンスのジャンルをスタートさせようと考えていますが、フリースケートJMKRIDE公式が検定を考案・スタートさせてくれました。皆さん各人が独自に気に入ったトリックを練習するのは非常にいいことではありますが、皆で進級試験や今回発表された検定を受けることにより客観的なレベル判定ができますので練習会や競技会等でコーチとして認知されますし、同レベルの競技者のクラス分けにも有効です。
 早速、皆さん検定の内容をチェックしてチャレンジしてみて下さい。検定員も募集しています。
 本来であれば、チーム独自の検定も今後あってもいいと思いますが(笑) 

 フリースケート検定by JMKRIDEはコチラ

因島(チーム零)進級試験2020/10/31

ライダー ミア ■C級

https://youtu.be/BQEIQtRaDyk

因島(チーム零)進級試験2020/9/27

ライダー しゅう
■A級
https://www.youtube.com/watch?v=p2DiTRaK1L0

ライダー ミア
■10級
https://www.youtube.com/watch?v=thU9ZIcxvPo

ライダー リリア
■9級
https://www.youtube.com/watch?v=hezNV_rLTaw

ライダー シホ
■9級
https://www.youtube.com/watch?v=pa6EOLMrHNQ




因島(チーム零)進級試験2020/3/31

ライダー アイナ

■9級

https://www.youtube.com/watch?v=-6y1cZajMsE

HAT神戸[フリスケ兵庫]進級試験2019/8/4

▼ライダー ピエトロ[大阪府]

■C級更新

https://www.youtube.com/watch?v=4P0mD5fZ230

フリースケート世界大会で日本人3部門優勝の快挙!

2019年7月26、27日に中国・武漢で行われたフリースケート世界大会で、広島県因島の進級試験A級ライダー山根 優希君がスケートゲームで優勝しました。世界中の強豪ライダーを押さえての優勝はまさに快挙です。以下、フリースケート・ジェイエムケイライドJMKRIDEのfacebookページ記事を転載しておきます。

by  ウチャン

b_simple_114_6M

JMKRIDE>facebook>8月3日投稿記事

2019年7月26、27日に中国・武漢で行われたフリースケート世界大会でJMKRIDE契約ライダー / 日本チームが3部門で優勝しました!

世界7カ国(アメリカ・コロンビア・ベネズエラ・ドイツ・スペイン・中国・日本)からおよそ500人が集まり、フリースケート技術を競う国際大会が7月26,27日に開催されました。

平地でのトリックを競う「スケートゲーム」では、これまで中国勢が圧倒的な強さで大会を制していましたが、若き日本のエース16歳の山根優希選手が中国選手を軽々と破り続け優勝しました。

ジャンプ台やレールを使う競技の「ストリート」では、「スケートボード フリースタイル」の世界王者(3連覇中)でもある16歳の山本勇選手が抜群の安定感で高得点を連発し、優勝を果たしました。

ミニランプ(ハーフパイプ)での滑りを競う「ランプ」では、26歳の齋藤司選手が大技を連発し、圧倒的な強さで優勝しました。また、山本勇選手も安定感のある滑りで3位でした。

スケートゲーム / 優勝 山根 優希

ストリート / 優勝 山本 勇

ランプ / 優勝 齋藤 司、3位 山本 勇

67760922_1977992572300524_5280478221018595328_o.jpg

写真 左から 山根 優希 山本 勇 齋藤 司

67732841_1977992702300511_7929832328019312640_o.jpg

67482155_1977993042300477_5652198397717774336_o

67690618_1977992882300493_3310401130642538496_o.jpg

https://www.facebook.com/kyoki64/videos/10219464189306265/